昔からあった空き家の貸し借り

男女

空き家を締め切ったまま放置していると物騒なだけでなく、住まいの傷みが早いことは昔から良く知られています。そこで、様々な事情で自宅を空けて他所へ引越す必要が生じた場合に知人等に貸して住んでもらうことが昔から行われていました。ところが、業者の仲介するリロケーションが社会にしっかり根付いていたわけでありません。個人対個人の話し合いや契約で適当に貸借期間、賃貸料、その他の必要事項を取り決めていたはずです。ところが、知人等に住んでもらうと自分の戻って来る時に貸した相手がタイミングよく自宅を空けてくれるとは限らないわけです。賃借人も一定期間住んでいれば色々な事情があって短期間のうちに引越して住まいを空けることのできない事情があるからです。

法律改正を機に増加した住まいの委託業務

男女

また、他人が住めば室内が汚れていたり、設備や機器類が壊れたりしていてもおかしくありません。原状回復に対する取り決め等も十分でないと修理、復旧費用の負担でトラブルも起こりやすいわけです。そこで、平成12年に借地借家法が改正されたので期限を決めて住まいを賃貸借する場合に必要な項目が法律条文に明記されました。この法律改正をきっかけとしてリロケーション業務が急速に浸透してきました。住まいを一定期間、他人に貸して賃料を得る業務を委託するとこの業務委託にはいくつもの作業が発生します。住まいの賃借人を探す宣伝広告、賃借人の選定と賃貸借契約の締結や賃料徴収及び住まいの維持管理等の作業です。時には賃借人との間でトラブルが起こってクレーム処理をすることもリロケーション委託業務に含まれます。こうした一連の業務を業者に委託することができるわけです。しかも、住まいをリロケーションの業務委託に出せば自分の戻りたくなった時期に確実に戻ることができます。

業者の注目する空き家の増加傾向

住宅模型

また、ある程度の委託料がかかるものの、遠く離れていても安心して賃料を稼げるメリットがあります。但し、最近、国内各地への転勤だけでなく産業のグローバル化に伴う海外転勤やライフスタイルの多様化による移住者の増加により大都市圏で空き家の増える兆候が出ています。人口減少や高齢化によって地方で空き家の増加が騒がれていますが、空き家の増加理由はそれだけでないわけです。この社会の動向に着目してリロケーションに参入する業者が増加しています。そこで、リロケーション業務を委託するには委託料の他に業務実績や得意分野を見極めて業者選択しないと信頼して委託しておけなくなってしまいます。自分が戻ってきた時に大切な住まいが元通りになっていることが希望でしょうから。

広告募集中