HOME>アーカイブ>入居者同士のトラブルなども早期に解決する方法

騒音被害にも対処

間取り図

新築のマンション物件を購入した際に、すぐに入居者を集めたいと考えている方々はマンション管理会社を頼って、トラブルにも早期に対処できる体制を整えてください。騒音被害などを1ヵ月ほど放置するだけでもマンションの悪評が広まってしまい、新規の入居者が増えない可能性もあります。マンション管理会社と契約を結ぶだけで騒音被害にも早期に対処できて、インターネット上などで悪評が広まる前にトラブルを解決する事が可能です。代理人が騒音の発生源に苦情を入れるだけでなく、法律の専門家にも素早く相談できるところも、自力で管理をせずにマンション管理会社を頼るメリットだと言えます。

防災に関するサポートも手厚い

マンション

火災などのトラブルが発生した時の対処法を考えておかなければ、小さな火災が原因でマンション全体が燃えてしまい、大きな損失を出す事になりかねません。マンション管理会社は防災関連のサポートも手厚く、ガス漏れ警報器や火災報知器などの点検作業も行ってもらえます。定期的な防災訓練を行いたい時にも協力を得られて、マンションの住民全体の防災意識を向上させる事も可能です。防災設備を整えながら住民の意識を変える事が、損失を防ぐ事に繋がると考えてマンション管理会社を頼ってください。

長期修繕計画を提案

マンション

マンションを建築してから10年や20年ほど経過すると、コンクリートなどの一部が弱ってくるために修繕工事を行う必要があります。長期修繕計画を自力で考えるのは困難ですから、マンション管理会社のスタッフと話し合いながら、工事を行うべき箇所をリストアップしてください。定期的なメンテナンスの計画を考える際には、金銭的な負担を減らす方法なども相談できるので、予算が足りるか心配で長期修繕計画を立てられない方々にもぴったりのサービスです。

広告募集中